インド占星術研究ブログ

インド占星術のホロスコープを使って著名人などを研究するブログ。

アヴリル・ラヴィーンのライム病とサディサティ

カナダ人女性歌手のアヴリル・ラヴィーンさんがライム病と闘っていたニュースを読んだ。 ライム病はいわゆる奇病になると思われるが、 もしやと思ってチャートを作成したところ、 やはりライム病と闘っていた時期はサディサティの時期にあった。 しかも奇病…

水星が逆行している人、水星が強い人

水星が逆行している人は、 やはりどこかコミュニケーションの上で問題が生じる。 正直、これまでの水星逆行の人たちを見てきたなかで、100%の確率で口が災いする展開にみんな陥っている。 私の友人にも何人か水星逆行の人がいるけれども、 それはどう考えて…

アスペクトバックは馬鹿に出来ない

アスペクトバックは、 正直パッと見てすぐに着目する部類のものではないと思う。 けれど、私の中では、このアスペクトバックがかなりの確率で良い感じに当たる。 アスペクトバックする惑星の在住する部屋のテーマをテーマにして、アスペクトバックする惑星の…

7室支配星とコンジャクトする惑星と婚期

いつ頃結婚出来そうですか? という質問は、占いをやっているとよく受ける質問の1つ。 これを見る上でかなり当たるなと思う見方の手法は、 7室支配星とコンジャクトしている惑星があるかをまず確認すること。 もしもそれがあるならば、 かなりの確率でその…

ナヴァムシャの謎

インド占星術のチャートを読み込む練習として 自分のチャートと睨めっこする。 もちろんラーシ(D1)とナヴァムシャ(D9)は 特に食い入るように見て考える。 だけど、どうしても、どうしても、どんなにこじつけてみようとも、 ナヴァムシャがしっくり来ない… 当…

7室に在住する木星と結婚運

ラーシでもナヴァムシャでも 7室に逆行の木星が在住してる友達がいる。 その子はかれこれ7年ほど前に結婚したんだけど、 当時はまだその子のホロスコープの7室の状態がこんなにいいとは知らず、 純粋に優しそうな穏やかな旦那さんでいいな、と思ってた。 ほ…

色白の月、色黒の火星

1室に月がある人って、 なぜかみんな色が白い。 肌が綺麗かどうかは置いといて、 みんなとにかく元の肌の色が色白。 私にとって、 なんとなく勝手に 色白のイメージがある惑星は水星だったけど 違うみたい? ただ、1室に火星も絡んでくると逆に色黒だったり…