インド占星術研究ブログ

インド占星術のホロスコープを使って著名人などを研究するブログ。

ベストセラー作家のホロスコープと月

スポンサーリンク

漫画家について調べてみたんだから今度は小説家についても調べてみようかなと思い立ち、

懲りずに今度はベストセラー作家さんと月の位置関係を検証してみました。

 

売れっ子小説家ならば大衆からの人気がないと売れ続けることはできない、そんな人気を表すホロスコープの月はどうなっているのでしょう。

 

誰をベストセラー作家と称するかは人ぞれぞれあるかもしれませんが、とりあえず下記のサイトを参考に判断していこうと思います。

style.nikkei.com

 

1位 東野圭吾

売れる作家の栄えある一位はみなさんもご存知、東野圭吾先生!多くの作品がドラマ化、映画化されています。

f:id:m-ohno0307:20170628125837p:plain

 人気を表す月はなんとムーラトリコーナ&満月でした!

 

 

2位 佐伯泰英

続いて2位にランクインしたのは佐伯先生。時代小説の先駆者!

f:id:m-ohno0307:20170628130612p:plain

月のアスペクトバックがありました!

 

 

3位 司馬遼太郎

知らない人はいないでしょう!『竜馬がゆく』はあまりにも有名。『坂の上の雲』はNHKでドラマ化されました。

f:id:m-ohno0307:20170628131318p:plain

月が高揚しています!さらに、月と金星の星座交換があります。

 

 

4位 村上春樹

この方ももう知らない人はいないですね。「ハルキスト」というファンの呼称まで作られているお方です。

f:id:m-ohno0307:20170628131906p:plain

はい、月が高揚していました!

 

 

5位 鎌池和馬

残念ながら生年月日非公開のため、検証は割愛させていただきます。

 

 

6位 池上彰

「いい質問ですね~」と一度はこの方に言われてみたい、池上彰さん。テレビでも大活躍!

f:id:m-ohno0307:20170628132752p:plain

なんと、またもや月が高揚しています!

 

 

7位 伊坂幸太郎

個人的にも大好きな作家さんの一人です。2000年代には様々な賞を受賞されています。

f:id:m-ohno0307:20170628133614p:plain

すごい、これで連続4人目!またまたまたまた月が高揚しています!

 

 

8位 宮部みゆき

この方も名前を必ずは聞いたことがあるでしょう!『模倣犯』『火車』など代表作はたくさんあります。『ブレイブ・ストーリー』大好きだったな。

f:id:m-ohno0307:20170628134429p:plain

残念ながら、宮部先生の月には特に特徴は見受けられませんでした・・・。

宮部先生は、水星と火星が星座交換しているんですね。ここに彼女のミステリー小説が生まれるパワーが秘められているのかもしれません。

 

 

9位 湊かなえ

湊先生の生年月日は非公開でした。

 

 

10位 有川浩

図書館戦争』の作家さん。知名度と人気が急上昇しています。

f:id:m-ohno0307:20170628135414p:plain

うーん、この方も特に月に特徴はなく・・・。

 

 

結果

ベストセラー作家10人中、まず生年月日が分かっている人は8人。

うち8人のなかで、月が高揚している人は4人となんと半数も!!そしてムーラトリコーナが1人、アスペクトバックが1人、特徴なしは2人でした。

失礼ながら、TOP10のうち下位3名を除いたならば、ほぼ全員何かしら月に特徴がありました。

今回気になったことは、漫画家と違って小説家のほうが月が高揚している確率が高いように思えることです。絵を描いてストーリーを展開していく才能と、文字だけでストーリーを展開していく才能の差異に関係してくるのでしょうか?

少し発見があると思えば、そこに新たなる謎がくっ付いてくるインド占星術なのでした。