インド占星術研究ブログ

インド占星術のホロスコープを使って著名人などを研究するブログ。

太陽の高揚と減衰と行動力

スポンサーリンク

占星術的には太陽はリーダーシップを表すとよく言われています。そして、インド占星術でも太陽は権力などを象徴するとされています。

最近私が思うことは、太陽が高揚していたり自室だったりムーラトリコーナだったり減衰していたりと特徴のある人は行動力がある、と思います。ただ減衰はその中でちょっと特異な行動力として表れている気がしました。最終的には大きな権力を持つ者となるんだけれども、そこに至るまでのアプローチの種類や仕方がちょっと違う感じと言いましょうか。

その代表例がホリエモンこと堀江貴文さん。彼のホロスコープの太陽は減衰しています。彼は、学生時代、家でひたすらコンピュータと向き合ってキーボードを打っている生活を送っていました。これは一見、いわゆる屋内でずっと引きこもっていて溌溂とした感じを受けず、いわゆる典型的な行動力のあるイメージとは異なります。けれども、角度を変えてみれば、彼は自分の好きなことに熱中して行動し続ける力を持っているわけで行動力があると言えないわけではありません。なんというか、陰の行動力と言うのでしょうか。その陰の行動力を上手く利用して起業して成功して権力を得ているのです。

一方、主に屋外に積極的に出て行くようなザ・営業マンは、太陽が高揚している陽の行動力が有り余っているイメージ。色々な飲み会や接待に出かけて行きます。そしてそこで自分がのし上がり権力を得ていくチャンスをものにしていくのです。

このような感じで、減衰→自室→ムーラトリコーナ→高揚の順で、その人の行動力の種類のニュアンスの程度を測ることが出来るのはないかと思いました。減衰に行くほど思いっきり陰の行動力に傾いて行き、高揚に向かって行くほど思いっきり陽の行動力に繋がっていきます。

政治家のホロスコープは太陽に特徴のある人が多いです。その政治家が自分の行動力を発揮して、他国の政治家たちなどと渡り合って行く上で(そうして権力を得ていく上で)、どのようにアプローチしていくタイプなのかを見るのに、太陽の強さを見ていくのは大いに役立つのではないのかなと思いました。