インド占星術研究ブログ

インド占星術のホロスコープを使って著名人などを研究するブログ。

有名な翻訳家のホロスコープ~強い水星と4室、月の重要性~

スポンサーリンク

ふと今回思い立った職業として、語学力を操る翻訳家の人たちのホロスコープはどんなものなのか気になったので、以下に列挙していきたいと思います。

翻訳家は在宅のワークスタイルを基本として、自身の持つ語学のセンスを生かしながらひたすらリサーチして訳したりします。そのあたりがどうホロスコープに反映されているのか気になるところです。

 

 

戸田奈津子

f:id:m-ohno0307:20171019162909p:plain

・月が減衰している

・水星と金星が星座交換している

土星が自室にいる

 

松岡佑子

f:id:m-ohno0307:20171019164312p:plain

木星が高揚している

・月と木星が星座交換している

・太陽がムーラトリコーナ

・水星が高揚している

 

柴田元幸

f:id:m-ohno0307:20171019165603p:plain

・水星が自室にいる

土星が高揚している

 

 

やっぱり言葉を操る職業なだけに水星に特徴がありますね。

チャンドラ・ラグナから見て、水星はそれぞれどんな感じかチェックしてみましょう。

 

・8,11室支配で7室在住、8室と星座交換

・7,10室支配で10室在住、10室で高揚

・9,12室支配で9室在住、9室で自室

 

んー。あんまり共通点と言えるようなものは導き出せないです・・・。

 

さて、外国語と言えばケートゥ。それぞれケートゥは、

 

・火星(1,6室支配)、太陽(10室支配)、金星(7,12室支配)とコンジャクトして、8室に在住

木星(1,4室支配)から対向アスペクトされて2室に在住

・水星(9,12室支配)、太陽(11室支配)、木星(3,6室支配)とコンジャクトして、対向から火星(2,7室支配)がアスペクトし、9室に在住

 

戸田さんと柴田さんの二人はケートゥと絡んでる惑星がすごい多いです。けれど松岡さんはあまり無いですね。

 

次に翻訳家と言えば、在宅。家を表す4室の状態はどうでしょう。

 

土星支配で土星が自室に在住

木星支配で木星は高揚している

土星支配で土星が高揚している

 

皆さん、4室が強い!

 

最後に、人気度を表す月はどうでしょう。

 

・月が減衰している

・月が高揚の木星と星座交換している

・月が高揚の土星とコンジャクトしている

 

前の記事でも売れっ子小説家や漫画家、ユーチューバーの月について触れましたが(以下関連記事)、

vedicastrology.hatenablog.com

 

 

vedicastrology.hatenablog.com

 

 

vedicastrology.hatenablog.com

 

翻訳家として売れるにも月に特徴のあることが重要なんですね。

 

結論

今回の調査では三人の共通点として水星と月に特徴のあることが分かりましたが、チャンドララグナから見た場合、皆さん4室が強いことが判明しました。

在宅ワークのような形を取る職業だと土地や家を表す4室が強くなるのでしょうか。言葉を用いるとなるとやはり水星も強いです。売れるためには人気にならないといけませんが、月は他の強い惑星との絡みが顕著に出ていました。