インド占星術研究ブログ

インド占星術のホロスコープを使って著名人などを研究するブログ。

ラーシで太陽が高揚してる人とナヴァムシャで太陽が高揚してる人

スポンサーリンク

太陽は威厳などを象徴します。太陽が高揚していたりして強いと自分に自信のある雰囲気を纏っている人が多いです。

今日のテーマはラーシで太陽が高揚している人とナヴァムシャで太陽が高揚している人との比較です。

ラーシは基本的なホロスコープであり、みんなから見た場合のあなたを表していると言われている一方、ナヴァムシャはあなたの内面や後半の人生を表すと言われています。そしてラーシも重要だけれどもナヴァムシャはもっと重要とも言われています。

今回はその重要性の意味をなんとなく感じ取ったので記事にしてみたいと思いました。

例えば、ラーシで太陽が高揚している人をAさんとして、ナヴァムシャで太陽が高揚している人をBさんとして、話を進めましょう。

話し合いなどで何か物事を決める時、誰かがリーダーシップを発揮しないと前には進みません。議題はどこのレストランでお客様をおもてなしするか、だとします。まず普通に会議に参加している人たちはみんな各々ここのお店がいいのでは、と案を出します。もちろん、AさんもBさんもです。そしてなんとなく周りの意見に反対する発言などをして自己主張を貫き、最終的に無理矢理半ば自分の提案したプランにするのがAさん。そこに参加している周りの人たちはどこかに不満を持ちながらもAさんの威圧に負けて渋々賛成するといった形になります。

一方Bさんは、というと。最終的にAさんのプランにはなるのですが、そこでなるべく多くの人が不満を抱えないように会議の流れを運ぼうと、意見を積極的に言えない人を上手く誘導して発言を促し機会を与えたりしているのです。

さて、ここで、周りの人たちから慕われるようなリーダーシップを発揮しているのはどちらでしょうか。Bさんではないでしょうか?

つまり会議に参加したメンバー全員をまとめあげている人、この会議の流れの主導権を握っていたのはBさんなのです。

ここでその統率力を発揮したのは、一見Aさんのように見えて実は精神レベルから見るとBさんという結果になるのです。

次第に築き上げていく関係の中でみんなの信頼を勝ち取って確固たる統率力を発揮できるのはAさんでなくBさんであり、そこがラーシとナヴァムシャの重要性の違いなのではないのかと考えました。

もちろんこれはあくまでも太陽の話であり、他の惑星の場合のラーシとナヴァムシャとでのニュアンスの違いは残念ながらまだ分かりません。これから更に研究して、ナヴァムシャの神秘に少しでも近づけたらと思います。