インド占星術研究ブログ

インド占星術のホロスコープを使って著名人などを研究するブログ。

6室が強い人の性格

スポンサーリンク

6室に何個も惑星があって、その内一つの惑星が減衰し、その6室の部屋に向かいから惑星がアスペクトバックし、さらに高揚した惑星が2室からアスペクトしているAちゃん

 

もうパッと見ただけで、明らかに6室が強調されているなあ、ってホロスコープをしています。

これだけ6室が目立っているからか、いつも皆勤賞。大袈裟に言っているのではなく、本当に一度も休んだことを見たことがないです。

 

自分自身を表す1室支配星も6室在住しているので、本当にこの子は6室な子となります。

 

この6室のAちゃんとよく話していると思うのが、

 

事実や現実を直視しない

 

んですよね…

なんというか、すごく自分に都合よく(ポジティブ思考と言えば聞こえはいいんだけど)考えているんです。

 

例えば恋バナをしていて、明らかにその男の子はAちゃん自身に興味がないのに、彼にとって自分に魅力がないとは絶対に解釈しないんですよね。

 

現実から逃げたくて自分に言い聞かせているのかなあ、と思ったりもしましたが、これまでの様子を見る限りだと、割と本気でそう思っているみたいで。

 

 

こんな感じの性格がインド占星術の6室の象意とどう絡むのかいまいち分かっていないのですが…

 

良くも悪くも、身体だけでなく、ハートも強いAちゃんなのでした。