インド占星術研究ブログ

インド占星術のホロスコープを使って著名人などを研究するブログ。

フィギュアスケート金メダリストの月~羽生結弦選手・荒川静香選手・ザギトワ選手など~

スポンサーリンク

平昌オリンピックが無事に終わり、今度はパラリンピック!というシーズンの真っただ中。日本人選手は冬季五輪で過去最多のメダル数を取ったこととなりました。選手の方々には、本当にたくさんの感動をいただきました、ありがとうございます。

冬季五輪の花形種目と言えば、やはりフィギュアスケート。そういえば、数年前にロシアの女子選手でポゴリラヤ選手が満月生まれだったので良い成績を残すのでは!?なんて記事を書いた記憶があるのですが・・・、ロシアも熾烈な争いを繰り広げているようでどんどん新しい選手が出てきているんですね。

そんな女子個人では、金メダル候補の筆頭としてエフゲニア・メドベデワ選手が挙げられていたのですが、僅差で15歳のアリーナ・ザギトワ選手に敗れてしまいました。

この結果になんとも抗い難い運命のようなものを感じて、ザギトワ選手とメドベデワ選手のホロスコープを比較してみました。そしてその流れで、過去の金メダリストを男子選手も含めて芋づる式に並べてみると、かなりの高確率で金メダリストは月の状態が良いことが判明しました。

 

1.メドベデワ選手とザギトワ選手の月の比較

エフゲニア・メドベデワ選手

f:id:m-ohno0307:20180306215616p:plain

 

アリーナ・ザギトワ選手

f:id:m-ohno0307:20180306220044p:plain

 

今回は月の位置を中心に見ていきたいので、あえて月のところだけに印を入れました。メドベデワ選手の月は満月に向かっていく状態で悪くはないのですが、ザギトワ選手の月は自室でかなり良い状態にあり、これには敵いません・・・。

(余談:奇しくも二人のホロスコープはなんと共通して、「水星と金星の星座交換」が隣接した部屋同士であります。この二人のコーチは共に同じ人なのですが、ジャンプを後半に固めて高得点を狙っていく戦略を取ったりと、「緻密な計算上のもとでの芸術性」を狙う傾向にあるようで、このあたりに表れているのかなと思いました。)

 

2.過去の金メダリストたちの月の位置

アデリナ・ソトニコワ選手

f:id:m-ohno0307:20180306221343p:plain

太陽の向かい側に月があります。つまり、最大吉祥の満月の持ち主です。

 

キム・ヨナ選手

f:id:m-ohno0307:20180306222017p:plain

太陽の向かい側に月があります。これまた最大吉祥の満月の持ち主。しかも太陽もムーラトリコーナで状態が良いです。

 

荒川静香選手

f:id:m-ohno0307:20180306222546p:plain

月のアスペクトバックがあります。

 

サラ・ヒューズ選手

f:id:m-ohno0307:20180306223317p:plain

あと一歩で月は満月という状態。そして太陽は高揚しています。

 

タラ・リピンスキー選手

f:id:m-ohno0307:20180306223708p:plain

月のアスペクトバックがあります。

 

オクサナ・バイウル選手

f:id:m-ohno0307:20180306224204p:plain

月のアスペクトバックがあります。

 

3.羽生結弦選手の月の位置

羽生結弦選手

f:id:m-ohno0307:20180306225016p:plain

月のアスペクトバックがあります。

 

 

 

このように、実に多くの金メダリストたちの月の状態がかなり良いことが分かります。

アスペクトバックが多いのが面白いですね。また、以下の過去記事で、

vedicastrology.hatenablog.com

 プルシェンコ選手にも触れていますが、彼のホロスコープの月は高揚しています。

 

次回の冬季五輪では誰が金メダルを取るのか、そしてその人の月の位置は果たしてどこにあるのか、興味深いです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。