インド占星術研究ブログ

インド占星術のホロスコープを使って著名人などを研究するブログ。

6室の象意にオークション

スポンサーリンク

6室は、奉仕、病気、敵、訴訟、競争、スポーツなどを意味します。

 

6室に10室が絡むと、

スポーツ選手かな?

スポーツ関係の仕事かな?

介護系の仕事かな?

仕事がころころ変わっていないかな?

 

など色々と関連づけられると思います。

最近見た人のホロスコープで、これまた6室と10室の結びつきの強い方がいて。

話を聞くと、ここ数年流行っている「せどり」をやっているのだそうです。

 

せどり…競取りと書くけど…

 

そうか!6室の競争という意味合いから派生してオークションと意味付けることもできるんだ!と気付きました。

 

オークションは今や簡単にネットで出来る時代になり、誰でも簡単に参戦することができるようになったので、6室の象意にオークションはより多くの人が参考にできる意味合いかもしれませんね。

 

6室が強くて反対の12室(海外)も強そうなホロスコープの方でダーナヨーガが絡んでいるなら、海外大手オークションサイトのeBayで大金を稼げちゃうかも?!